ロースト(焙煎)度合とは?

焙煎度合とはコーヒーの焙煎の深さを表します。

 

一般的には8段階で表現され、「ライトロースト」が一番浅煎りで、

「イタリアンロースト」が一番深煎りとなっています。

焙煎度合い
焙煎度合い

一般的に焙煎が浅いほど酸味が強く現れ、苦味が弱くなります。

逆に焙煎が深くなるほど苦味が強調され、酸味が抑えられていきます。

 

浅い焙煎から、

・「ライトロースト」(浅煎り)・・・あまり出回っていない

・「シナモンロースト」(浅煎り)・・・あまり出回っていない

・「ミディアムロースト」(中煎り)・・・酸味が主、苦味はほぼない

・「ハイロースト」(中煎り)・・・酸味が強く、苦味は弱い

・「シティロースト」(中煎り)・・・酸味と苦味のバランスがとれている

・「フルシティロースト」(深煎り)・・・やや苦め、酸味は弱い

・「フレンチロースト」(深煎り)・・・苦み、コクがしっかり

・「イタリアンロースト」(極深煎り)・・・かなりしっかりした苦み

の8段階に分かれており、てらす珈琲では「シティロースト」あたりが

酸味と苦味のバランスがよくとれる焙煎度合だと考えています

 

「モカ = 酸味が強い」というイメージをお持ちの方も多いのですが、

一口にモカといっても深煎りにしたモカは苦味が強く、酸味の特性は強くは出ません。

主に焙煎度合によって、苦味の強さ、酸味の強さのバランスは変わってくるのです。

(「モカ」についてはまた詳しく書きますね。)

 

例えば「フレンチロースト」に焙煎した豆でも、

酸味の特徴がうまく出てくるものもありますが、そういった銘柄はまれです。

 

もし「酸味があるコーヒーが好き」という方は、

「モカ」とか「キリマンジャロ」が決まって浅煎りで焙煎されているとは限りませんので、

銘柄だけ見るのではなくて、

「ミディアムロースト」や「ハイロースト」、「シティロースト」などの

『焙煎度合』にまず注目して探してみると、

「モカ」や「キリマンジャロ」だけではなくても、

自分のお好みの「酸味のあるコーヒー」を見つけやすいですよ。