精製方法とは?

「精製方法」というのは、

「コーヒーの実を収穫してから、それを乾燥した種の状態にするまでの処理」のことをいいます。

 

主に「ウォッシュト(水洗式)」や「ナチュラル(乾式)」と

呼ばれる方法がありますが、ほかにも

「パルプドナチュラル」や「ハニープロセス」、「スマトラ式」などなど

近年ではあらゆる精製方法が採用されてきています。

 

例として水源の少ない地域では、

水を使わない「ナチュラル」という精製方法が多く採用されています。

 

同じ木から採られた実でも、精製方法が違えば

風味やコクの性質、甘みなど、最終的に出来上がるコーヒーの味に違いが生まれます。